JURASSIC WORLD ステンレスで作った恐竜をはじめとする、オリジナリティあふれるアート作品
ゲスト様

SUSMOとは

SUSMO(サスモ)の由来

logoSUSはステンレスをあらわす、Special Use Stainlessの頭文字をとった業界用語です。MOは造型を意味するModelingを由来としています。
これら2つの言葉を組み合わせてSUSMOとしました。

また、読み方が「ススモ」とも読めることから「前に進もう」という前向きな意味合いも込められています。
技術面では、2013年の末に独トルンプ社製の3次元レーザー加工機「TruLaser Tube7000」(国内では5台のみ)を導入したことで立体形成物の加工が可能になるなど、新たな広がりを見せつつあり、無限の可能性を感じています。

運営会社である「(株)齋藤鉄工所」の通常業務では、自動車関連メーカーさんからの部品などの発注が多いのですが、デザイナーさんや個人のお客さんで、オリジナルのステンレス製品を作りたいとの要望があること、飲食店の看板や箸置きなどに取り入れ、斬新なイメージや他店との差別化を図りたいと考えておられるオーナーさんや業者さんからの受注も増えてきたことなどから、“部品”だけではなく“アート作品”も手がけていることを知ってもらいたいと、この新ブランドを立ち上げました。

CAD室 受注処理 レーザー加工
CAD室 受注処理 レーザー加工
フラミンゴ ウェディングボード 3Dエイトミキサー
フラミンゴの足の太さ0.3mm。
細かい部分まで表現できます。
ウェディングボード
筆記体の文字が美しい。
徳島のプロ釣り師 山元八郎さんの
3Dエイトミキサーのパーツ。
魚のイラスト付き!
3Dレーザー1 3Dレーザー2 3Dパイプ加工
導入した3Dレーザー機 ⇒ 丸パイプをカット中 ⇒ 一瞬でくり抜きました。
作業風景1 作業風景2 ゴミ箱
穴を開けています。 曲げ加工 遊びゴゴロ?のあるゴミ箱。
カッティング後のアルミで作りました。

オーダーメイド製作承ります

自分がデザインした、1点もののステンレスグッズを作ってみませんか?