JURASSIC WORLD

ティラノサウルス

p01s ティラノサウルスは、中生代白亜紀末・マーストリヒト期(6,800万年前~6,500万年前)に生存していた大型の肉食恐竜です。 恐竜全体の代名詞といえるほど有名な存在で、『ジュラシック・パーク』等の恐竜をテーマにしたフィクション作品においては最強の恐竜として描かれ強い人気を誇ります。 学名『Tyrannosaurus』のラテン語綴りの読み方の違いからチラノサウルスやティランノサウルスなどと表記されることもあります。

10,500円(税込み)

トリケラトプス

p02s トリケラトプスは、白亜紀後期に北米大陸に生息した四肢で歩く草食恐竜の一種です。 体長約9m、体重約5t~8.5t。 トリケラトプスの意味は、「3本の角を持つ顔」で、 これは鼻の先についている1本の短い角と、目の上にある2本の長い角を指します。

10,500円(税込み)

ステゴサウルス

 p03s ステゴサウルスは、ジュラ紀中期から後期(1億5,600万年前~1億4,500万年前)にかけて、 現在の北米西部(コロラド、オクラホマ、ユタ、ワイオミング各州)に生息していた体長4m~9mの大きさの草食恐竜の一種です。 背中に骨質の板が、互い違いに並んでいるのが特徴。尻尾の先端には4本のトゲがあり、肉食恐竜から身を守るために使ったと考えられています。

10,500円(税込み)

プテラノドン

p04s プテラノドンは、約8,000万年前(白亜紀後期)に生息していた翼竜の一種です。北アメリカで多くの化石が発見されていますが、 北海道でも断片が見つかっており、同種または亜種は広範囲に分布していたと推測されています。 大きなトサカが特徴で、翼を広げると約7m~8mの大きさになります。

 10,500円(税込み)

ブロントサウルス

p05s ブロントサウルスは、ジュラ紀後期に北アメリカに生息していた大型の恐竜です。 アパトサウルス(Apatosaurus)という名前で呼ばれることも。 完全な化石が長い間発掘されず、 多くの謎につつまれていましたが、近年になってほぼ完全な形で復元されるようになりました。

 10,500円(税込み)

プレシオサウルス

 p06s プレシオサウルスは、三畳紀後期~ジュラ紀前期に棲息していた首長竜の一種です。 体長は2m~5m。 発見当初は水棲の生き物である事から「魚類と爬虫類の中間的生物、その中でも爬虫類により近い」と推測され、 plesiosaurus=「爬虫類に近似した」を意味する学名がつけられました。

12,600円(税込み)